ミャンミャンとは

シュエダゴンパゴダのイラスト

ご覧いただきありがとうございます!

ミャンミャンはミャンマーマニア(自称)のdai-changが、ミャンマーの文化や政治経済、マニアックな豆知識から現地の最新ニュースまであらゆるミャンマー情報をお届けするブログです。

ミャンマーとの出会い

私が初めてミャンマーに訪れたのは、2019年の2月のこと。
卒業旅行で、バンコクからコルカタまでインパール作戦の跡を辿る旅を行っていた際中に、ミャンマーと出会いました。

在学中はユーラシア大陸を陸路で横断したり、インドを時計回りに一周してみたり、取り憑かれるように世界を旅していました。
そんな私に訪れた節目の卒業旅行。

様々な縁があって、記念すべき卒業旅行はインパール作戦の跡を追うことになりました。(その縁や、旅の内容についてはまた別の機会にご説明したいと思います。)

文化や民情の豊かさ、私たちがとっくの昔に失ってしまった物質に囚われない心や、自然との共生がなんて息づいているんだ。
国民の信仰心は篤くて、親切で、包容力があり、そして穏やかでいて、とても奥ゆかしい。

ここで暮らす人々と一緒に人生を歩むことができればどれだけ幸せなのだろう。
そう思うようになりました。

ミャンミャン開設にあたって

移住するために新卒で入社した会社を辞めたところ、コロナ禍に見舞われました。
ミャンマーで生きていくための力をつけなさい、といった天からの啓治か何かだと無理に解釈して、webディレクターとしての会社員での生活が始まりました。

年が明けてもなかなか収束しないパンデミック。
それどころかミャンマーでは軍事クーデターが起きてしまいました。

どうしてこうもミャンマーは私から離れていくのだろう。
クーデターが起こった直後はただただ自分勝手な願望が実現できない悲しみに暮れていましたが、クーデター情報をウォッチする過程で、自分自身の考え方が変わりました。

クーデターが発生してから、ミャンマーへ関心を持つ人が増えましたが、月日が経つにつれてその関心は薄れる一方です。
それは仕方がないことかもしれません。

そんな状況において私にできることは、ミャンマーでのニュースを継続的に発信すること、クーデターを通じてミャンマーを知った方へ、ミャンマーの秘める魅力を紹介してミャンマーへの興味関心を促すことだと思うようになりました。

さらに、好きなものはとことん収集してしまう収集癖と、掃除が得意なことが相まって、自分の好きなミャンマーに関する情報を一つの場所に整理する作業を、ミャンミャンを通じて楽しめるんじゃないか。
これって新しい趣味になるんじゃないか。
それにお仕事の中で得た知見をミャンマーのために生かすことができるんじゃないか。

そんなふうにも思うようになりました。

ミャンミャンが目指すもの

ミャンミャンを、ミャンマー情報が一つに整理・集約された、「世界で1番詳しいミャンマー情報ブログ」に成長させたいと思っています。

クーデターやミャンマーの動向に関するニュースから、観光や政治経済、マニアックな豆知識まであらゆるミャンマー情報をお届けするブログとして運営していきます。

立ち上げたばかりで世界一までの道のりはなかなか険しいところですが、ミャンマーの平和に一役を担い、ミャンマーの未来に寄り添うブログを運営できたらなあと思っています!